Child pages
  • Ja Sakai カンファレンス 2017
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動
 Ja Sakai コミュニティで は3月20日(月) および21日(火) に京都大学にて Ja Sakai カンファレンス2017 を開催いたします。 
 申し込みはプログラム「参加申込」にあります「申し込み用Webサイト」にてお願いいたします。
 
概要
開催日:    2017年3月20日(月) および21日(火)
場 所:    京都大学学術情報メディアセンター南館 2階202
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_ys.html#03
(図中93の建物)
主 催:    京都大学学術情報メディアセンター、Ja Sakai コミュニティ、Apereo Foundation
後 援:    大学ICT推進協議会
定 員:    200名
参加費:    無料
参加申込: 申し込み用Webサイト にてお申し込みください。 (Day1 19時からの懇親会申し込みは こちら でお願いします。)
申込締切:    2017年3月13日(月) 

プログラム


3月20日(月) Day1

16:30 -      特別講演 (同時通訳付)

Sakai 11 と 次世代デジタル学習環境 NGDLE  PDF  Neal Caidin (Sakai Community Coordinator, Apereo Foundation)

Global Sakai コミュニティのコーディネータから,Sakaiの最新情報と今後の開発計画を説明する

17:30 -      Sakai ユーザレポート

名古屋大学における紙レポートシステムの試験導入と課題  PDF  戸田 智基,田上 奈緒,中務 孝広,松岡 孝,大平 茂輝,後藤 明史,出口 大輔 (名古屋大学)

名古屋大学では、平成28年度より紙レポートシステムを試験的に導入し、紙レポートを主体とする授業とNUCTの連携の可能性を模索してきた。本発表では、紙レポートシステムの導入効果の紹介に加え、導入後に見えてきた課題について報告する。

首都大学東京における Sakai 運用状況と課題 PDF 畠山 久 (首都大学東京)

Sakai をベースとした全学的な学習支援システム kibaco の一年間の運用から見えてきた課題について整理し、事例として報告する。

18:30        Day1 閉会



19:00        Ja Sakai & 情報処理学会CLE研究会合同懇親会 (Web申込)


3月21日(火) Day2

9:00 -       Ja Sakai活動報告 PDF  常盤 祐司 (法政大学)

Ja Sakai (日本Sakai) コミュニテイの2016年度における活動について概要を説明する。

9:30 -      Sakaiシステム構築

GitおよびJenkinsによるSakaiシステム構築 PDF 常盤 祐司 (法政大学)

GitおよびJenkinsを用いてGitHubからクローンしたSakaiソースコードをMavenでビルドし、tomcatに配備したシステムを起動するまでの具体的な方法を事例を交えて解説する。

LTIを用いたSakai 機能拡張の試み PDF 藤井 聡一朗 (法政大学)

Sakaiに実装されているLTIを用いて外部のツールを統合する具体的な方法について事例を交えて解説する。

10:30        Day2 閉会


お問い合わせ

Ja Sakaiカンファレンス事務局
       Mail: admin@sakaiproject.jp











  • ラベルがありません